遮音等級【しゃおんとうきゅう】



建物の遮音性能を表す指標で、建物がどれだけの騒音を遮ることができるかを表す数値のことです。
音には空気の振動で伝わる空気音と固体を振動させ伝わる固体音がありますが、遮音等級では空気音はD値(sound pressure level DifferenceのD)、また固体音はL値(floor impact sound LevelのL)で表されます。また、固体音の一つである床衝撃音には、比較的軽くて高い音である軽量床衝撃音と、重くて鈍い音である重量床衝撃音があり、それぞれLL(LはLight weightから)とLH(HはHeavy weightから)で表します。これらのL値は、数値が小さいほど遮音効果が高いことを意味します。
日本建築学会では、マンションなどにおいてLL-45を望ましい水準として推奨しています。一方、日本工業規格では、サッシやドアからの空気音の伝わりにくさをT-1からT-4の等級で表しますが、こちらは数字が大きい方ほど遮音性能が優れていることを意味しています。


◆SPONSOR LINK◆

  • マイホーム デザイン
  • 大阪 注文住宅
  • 栃木 デザイン
  • SUB MENU

    おすすめサイト