シックハウス症候群【しっくはうすしょうこうぐん】



シックハウス症候群とは、建材に含まれる化学物質などが原因で起こる一連の症状のことです。
新築やリフォーム後の住居で、倦怠感、めまい、吐き気、頭痛、湿疹、呼吸器疾患などの症状があらわれることを言います。原因となるのは、建材や家具に使用される接着剤や塗料に含まれる有機溶剤、木材の防腐剤、殺虫剤などで、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどのVOC(揮発性有機化合物)の関与が考えられています。近年の住宅が気密性に優れていることで、換気不足による悪化が言われています。
1990年代に患者数が増加し、原因が判明したことで社会問題となりました。2003年、改正建築基準法によるシックハウス対策が義務付けられています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 注文住宅 愛知
  • 広島 注文住宅
  • 長野 デザイン
  • 塗壁 宇都宮
  • SUB MENU

    おすすめサイト