失火責任【しっかせきにん】



失火責任とは、誤って火事を起こして他人に損害を与えた場合の責任のことです。
民法では故意または過失で他人に損害を与えた場合には賠償責任が規定されていますが、失火の場合には、故意または重過失がある場合のみ責任が問われます。これは木造家屋の密集地が多い日本の特殊性を考慮したもので、軽過失による失火には責任を問われません。
「重過失」とは、判例によると、わずかな注意で防止できるものを見過ごしたケースで、具体的には「てんぷら鍋に火をつけて、その場を離れた」や「寝タバコ」などが該当します。


◆SPONSOR LINK◆

  • 福岡 建築家
  • 大阪 デザイナー
  • モデルハウス 大阪
  • 西桂 設計事務所
  • SUB MENU

    おすすめサイト