聚楽壁【じゅらくかべ】



聚楽壁とは、京都西陣の聚楽第跡地付近から産出する聚楽土を用いて仕上げた壁、あるいは、聚楽土と似た土を用いて仕上げた壁のことをいいます。
和風建築の代表的な土壁の一つで、茶室などに用いられます。土壁は、竹と貫(ぬき)を格子状に編み込んだ下地(小舞下地)に、粗塗り・中塗り・上塗り(仕上げ)を重ねていきます。この上塗りの土により、聚楽壁、錆壁、紅壁などがあります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 大阪 住宅
  • 名古屋 デザイナーズ
  • 和歌山 一戸建て
  • SUB MENU

    おすすめサイト