資産流動化法【しさんりゅうどうかほう】



資産流動化法とは、不動産証券化の手続きやルールなどについて定めた法律です。
正式には「資産の流動化に関する法律」といいます。2001年の改正で、すべての財産権を対象とし流動化が可能になり、また特定目的会社(SPC)の設立や運営が簡素化され、特定目的信託が設立されました。これにより、不動産の証券化に弾みがついたといえます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 愛知 一戸建て
  • 広島 住宅
  • 三重 住宅
  • 草津 設計事務所
  • SUB MENU

    おすすめサイト