重量鉄骨【じゅうりょうてっこつ】



重量鉄骨とは、厚さ6ミリ以上の構造用鋼材を使用した工法のことです。
H型鋼などの重量鉄骨を柱・梁として使用して、接合部分をボルトで接合した構造で、木質系パネル・軽量気泡コンクリートパネル・窯業系パネルなどで壁・床を構成します。強度が高く、開口部を広く取れるなど、間取りの自由度にも優れています。H形鋼や角形鋼管は、大規模な高層ビルやマンションなどの柱や梁などに使われます。戸建て住宅でも重量鉄骨を採用したものがあります。
マンション等の場合、鉄骨造といえば「重量鉄骨」のことを指しますが、特に戸建て住宅の場合には、「軽量鉄骨」との比較で「重量鉄骨」という呼び方がされているようです。


◆SPONSOR LINK◆

  • 一戸建て 愛知
  • デザイナーズ 住宅
  • 注文住宅 愛知
  • SUB MENU

    おすすめサイト