自動火災報知設備【じどうかさいほうちせつび】



自動火災報知設備とは、センサーで火災の発生を感知すると、音響装置を鳴動させて、建物の中にいる人々に報知し、安全な場所への避難と初期消火活動を促す設備のことです。
センサーには、熱感知器、煙感知器、炎感知器などの種類があります。
劇場などの天井に取り付けられたスプリンクラー設備などは、自動火災報知器がベルを鳴らし、その音に反応して放水を始める仕組みになっているものもあります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 注文住宅
  • 注文住宅
  • 名古屋 木
  • SUB MENU

    おすすめサイト