直床工法【じかゆかこうほう】



直床工法とは、床スラブの上に直接仕上げ材を張る工法です。
コンクリートスラブの上に、フローリングやカーペットを直張りします。そのため、スラブに厚みがないと足音が階下に響いてしまいます。仕上材に防音性のあるカーペットやクッション材を用いたり、フローリングの下に防音性のあるクッション材を張ることもあります。床部分の厚さが薄いため、天井を高くできる利点がありますが、遮音性を重視するマンションなどではあまり採用されません。


◆SPONSOR LINK◆

  • 柏 一戸建て
  • 注文住宅 福岡
  • 山梨 木
  • SUB MENU

    おすすめサイト